フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030

  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030 フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030 フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030 フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030 フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030 フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
  • フランスの雑誌 〜LA VIE PARISIENNE〜より アドバタイジング030
★こちらはリプリントではございません。
★こちらはブラックマーメイドのマット加工済みとなります。

〜LA VIE PARISIENNE〜
ジョルジュ・バルビエ(George Barbier/1882〜1932)による、
「夏の夜の夢」のタイターニアを描いたのでしょうか。
周りには森の妖精。
少し和風な雰囲気も持ちつつ、素敵なイラストになっています。

6枚目は裏面になります。

★画面で見るため市松模様に見えるかもしれませんが、
実際の背景は画像5枚目の細いラインで描かれています。
目がチカチカするかもしれませんがすみません。。。

経年劣化による、折り目やシミ、破れなどもありますが、
古いものとしてご理解いただいたうえでご購入下さい。

閲覧環境により色見が異なって見える場合がございます。
予めご了承ください。

サイズ(プリント):横26.5cm×縦35cm
サイズ(マット外枠):横32.8cm×縦45.5cm
国:フランス
年:1916年
イラストレーター:ジョルジュ・バルビエ(George Barbier)

>

カテゴリー




実店舗のご案内


〒602-8341
京都府京都市上京区三軒町48-7
(中立売通と七本松通の交差点付近です)
★現在時間短縮営業中。
営業時間:12-18:00(木曜定休)
Googleマップで場所を見る→
2024年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
:定休日(毎週木曜日)
:臨時休業または催事

アンティークドア・ヴィンテージドアのドギーバッグブランチはこちらから

お友達登録をしていただくと、LINEでご質問、お問い合わせをしていただくことが可能になります。

友だち追加

  • 星座・天文学 Astronomy
  • 建築・機械系
  • ボタニカルプリント
  • マッチラベル

CONTENTS



アンティーク雑貨WEB SHOP 探検隊

アンティークサーチ


maki

子供のころから古い物やインテリアが好きでした。 インテリアの専門学校在学中に、なにか資格的なものを取りたいと思い、図面を書くのが好きだったので「トレース技能検定1級」を取得。店舗設計の会社に就職して、そこで出会ったちょっとおかしな人と一緒に20代前半でネット販売でアンティークを売り始める。 一度は業界からはなれ、WEB制作会社へ入社。採用の決め手となったのが、とりあえず「1級(トレース検定)」を持っていることだったらしい。WEB業界に向いているなんてこれっぽっちも思っていなかったけど、11年間その会社で勤務。 そしてやはりこの世界が好きで第二期アンティーク屋な今。